スポンサーリンク

 

 

 

 

 

食べることは生きること

 

f:id:ChieTetra:20170410072953j:plain

 

 

家庭料理

小学生の頃から、家で料理をしたりお菓子をつくったりすることが好きだった。

好きになったきっかけは母。

わたしの母は結婚するまで料理をしたことがなかったので、結婚してからはすごく大変な思いをしたのだそう。

娘にはそういう思いをさせたくないからか、わたしは小さい頃から母と料理をするのが日常だった。

 

 一緒に台所に立ちながら色々なことを教えてくれた。

そして、外食に関しては厳しかった記憶がある。

出かけても、ファストフード店は基本的にダメ(モスバーガーは時々連れて行ってくれた)。

スーパーの買い物について行っても、お菓子は自由に選べない。。

子供の頃は、近所の子と一緒に遊ぶと、カラフルなお菓子を持っていてそれを分けてくれたり、マクドナルドのセットのおまけのおもちゃを持っていたり、そういう子たちを羨ましいなぁ。と思っていたけれど・・・

 

食に関して厳しくしてくれたり、料理を教えてくれたりして本当に良かったなぁ。といまは思う。(社会人になった頃に、やっと気づいたのだけれど。。)

 

 

ただカロリーを摂取すれば良いわけじゃない

大学生になってからは、実家を離れて暮らし始めた。その頃はただ料理が好きなだけで、食の大切さをわかっていなかった事もあり・・・ジャンクフードを食べることも多くなっていってしまった。

そして、気付いたころには何だか体調がすぐれない毎日になっていた。。

何だか、いつも眠たかったり頭がぼーっとしたり、肌が荒れたり。。。

 

続きを読む・・・

 

 

 

 

 

 

  スポンサーリンク